この記事を書いた人

プロフィール

ミツルです。
年齢60歳。
バツイチ独身です。

引越しは、10回近くしています。
一番つらかったのは、離婚した後に、一人で、引越しをしたときです。
荷物の処理、片付け、業者とのやりとり・・・
つらかったです。
でも、過ぎてしまえば、それも思い出ですが。

その一番つらいときの経験を踏まえて、書いておこうと思います。
どなたかの引越しをするときの参考になれば、うれしいなと思います。

 

本文のほうには、他の方に役立つようにっていうことで、書いてあるのですが。

個人的な体験としておもしろかったのは、
結局、営業さんの人柄とかで、業者さんを決めました。

で、引越しの当日。
当然、営業さんが、見に来るものと思っていたのですが、来なかったです。
そういうものなのかなと、思った記憶があります。

さらに、実際に引越しのときに、来た人たちが、
不思議に気の利く人たちで、
私が、一人で、引越しをしているっていうことを察知してくれて、
本当の予定は、引越し先で、合流するっていうことになっていたのですが、
トラックに同乗しませんかって、言ってくれたので、
そのまま荷物といっしょにトラックに乗せてもらって、引越し先まで、同乗しました。

わざわざ、掃除とか、不動産屋さんとの最後の引渡しが、終わるまで、待ってもらって・・・

これは、若い女性とかだと、できない相談でしょうけれども、
中年のおじさんが、一人だったからっていうことで、できたことだったとは、思いますが。

そのときの予定は、東京から、茨城県までっていうことだったので、
電車で移動するつもりでいました。

(東京の江東区っていうところに住んでいたのですが、最寄駅が、亀戸駅なのですが、そこまで、都バス。
亀戸駅から、上野駅まで電車。
上野駅から、常磐線で・・・
それこそ、移動するだけで、大変なはずでした。)

初対面のお兄さんたちっていうことで、車内は、それなりに気まずい雰囲気でしたがw
それは、それで、ほんの2~3時間の辛抱っていうことで。

お互いにメリットが、ありましたね。
先方は、場所を探す手間がないし(私が、直接、道案内)、また、合流時間までの待ち時間が、ないっていうことで、
到着してすぐに、荷物の搬入ができる。
そして、早めに仕事を終えたら、早く帰れるんですから。



​※そういえば、私は、利用したことがないのですが、

こちら⇒嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

サポートセンターみたいなところを、一度経由することで、
一人で、さばく必要がないみたいな・・・

これなら、少しは、楽になるのかな・・・って、思いました。
さばくのが、つらいって思うような方なら、いいのかもしれないって、思いました。

 

引越し先で、思い切って、イメージチェンジするなら、
増毛とか白髪染めとか・・・いいと思います。↓↓↓

 

 

 

 
© 2018 引越し rss